自己紹介・実績

うつ病になったHSP会社員が大好きなイラスト×ココナラで夢をかなえるまで

うつ病になったHSP会社員が大好きなイラスト×ココナラで夢をかなえるまで

はじめまして!

ちびキャライラストレーターの さなだ と申します。

はじめて私のことを知る人も多いと思うので、
自己紹介の記事を書きました。

現在私は、フリーランスでイラストレーターとして活動しています。

タイトルにあるように
私自身いまもうつ病の通院治療中です。

そして、自分と同じように

外で働くのが怖い、
ふつうに働く自信がない

そんな人たちが
自分の好きなことや経験で
自分に負担の少ない環境で生きていくために
自分の経験が役に立てばと思い、情報を発信してます。

今では個人で活動している私ですが
2年前までは接客業や事務など
仕事が長続きせず
いろんな職を転々としていました。

度重なるうつ病の再発、

自分の繊細すぎる気質や
疲れやすさ、

人間関係のストレス

悩まされながら日々をおくっていました。

そんな私が、どのようにしてイラストレーターとして独立したか

働く時間と場所を自由に選べる
人間関係にも悩まない
そんな環境を実現できたのか。

そんなわたしのこれまでの経緯を
お伝えしたいと思います。

過去のわたしのように

生きづらさを抱えている、
イラストレーターの夢をあきらめたくない
好きなことで収入を得てみたい

そして
これから楽しい人生に変えられる可能性があるなら
勇気を出して一歩踏み出してみたい

過去の私のように
本気でそう考えている人のために
このブログを書いてみました。

好きなイラストを仕事にしてみたい

そう考えて頑張っている人たちの
何かのお役に立てれば嬉しいです。

ぜひ、最後までお付き合いください。

もともとは転職ばかりの会社員でした

私は以前は
自分のメンタルの弱さ
人間関係に悩む会社員でした。

恥ずかしいことも多いですが
私の経緯を隠さずお話します。

私は小さいころから絵を描くのが大好きで、
物心ついたときには絵を描いていました。

大学ではイラスト関連のサークルに入会。

先輩や友達と話しながら
絵を描いている時間が
本当に楽しかったのを覚えています。

このころから

イラストレーターになりたい、
イラストに関する仕事がしたいと思い、

投稿や応募もしてみたのですが
結果は思わしくなく…

自分の中での期限が迫っていたのもあり、
別の分野で就職を目指すことに決めました。

しかし、

もとからの内向的な性格と
極度のあがり症により
就職活動はかなり難航。

「どこでもいいから雇ってほしい…」

そんな思いも芽生える中
とあるスーパーの
事務の仕事の面接に行きました。

幸いすぐに
内定の連絡をいただいたのですが、
「事務ではなく接客してほしい」
とのこと。

人前に出るのが苦手で内気だった私は
断ろうかすごく迷いました。

それでも

「ここで就職を決めなきゃ
どこでも雇ってもらえないんじゃないか…」

そんな恐怖がとてもつよく
結局そのお話を受けました。

やりたい仕事ではなかったけど
真面目に働いていれば収入はあるし
そうそう倒産することもない。

慣れてしまえばなんとかなる
うまくいけばコミュ障も克服できるかも?

そんな期待をして内定先へ。

コミュ障の自分を変えたいと思っていたが…

しかし、
私が入社した職場の現状は

・人員は減る一方で仕事の負担が増える
→もっと人が減る悪循環

・忙しさから上司はいつもイライラ、
部下にあたる

・サービス残業が横行

・人の悪い噂で盛り上がり雰囲気が悪い

・毎日理不尽なクレームをつけて
ストレス解消するお客さん

ブラックな環境だからか
みんなイライラしていました。

人はどんどん減り続け、
残った人たちの負担は増え続けました。

そんな環境に耐えかねてやめていった人たちを
上司は「根性なし」呼ばわりしてました…。

明らかに
人が定着しない職場になっていたのに
形だけの面談があるのみ、
何も改善されることはありませんでした。

もういやだな、
こんな職場で働きたくないな…

心ではずっとそう悲鳴をあげていましたが

わたしは「できない」人間だから
唯一雇ってくれたこの職場にいるしかないんだ

そう自分に言い聞かせて
毎日働いていました。

3年ほどたったころ、
異動の内示が出ました。

不安でつぶされそうな中、
異動先の店舗に。

異動先の店舗は、
同じ系列といえども

ルールから何から全部違っていて、
今まで培ったことがまるで通用しない。

そして、経験の浅い私が

いきなり幹部として
異動してきたのが気に食わなかった

ベテランのパートさんから
嫌がらせを受けるようになりました。

・何時間も残業して作った
 シフト表を破り捨てられる

・陰口、無視

・連絡なく私の出勤時間を
変更したシフトにすり替え、
知らずに遅刻した私を笑い者に

・これ見よがしに
「前の担当者はよかった」と言ってくる

・休日もまったく急ではない
用件で何度も電話してくる

・私に仕事を押し付け、
自分はタバコを吸いに行ったまま戻らない

・自分のミスも私のミスとして報告

などなど…

あまりにもひどく
上司に相談もしたのですが、

「あなたが打たれ弱いのが悪い」
「こちらのやり方に慣れてもらわないと」
「このくらいで音をあげてたら
どこでもやっていけない」

そんなふうに言われ、
自分が悪いのかとますます落ち込むばかり…

職場に居場所が
ありませんでした。

さらに、その2人は顔も広かったので

このお店だけじゃなく、
他のお店の人にまで
私の悪口を言ってるんじゃないか?

ほかのお店に異動願いをだしても
受け入れてもらえないのでは?

そんなふうに精神的においつめられ

「周りはみんな敵だ」

そう思ってしまうように
なっていました。

毎日ストレスで腹痛、体の痛み、頭痛、
わけもなく涙がでる日々が続きました。

だんだん判断力もにぶり始め、
今まで当たり前にできていた
簡単な仕事もとても困難になりました。

それまで楽しんでいた趣味も、
何も楽しくなくなり、
心が枯れていくのを感じていました。

こんな日々が続くなら
死んだほうがましだ

そう考えるくらい、
毎日毎日、仕事に行くのが本当につらかったです。

家族の勧めもあって心療内科を受診し、
ついにはうつ病の診断が
くだることになりました。

先生はすぐに診断書を書いてくれて、

「本当にひどい状態だから
はやく休職しなさい。
診断書があれば、会社は断れないから」

と背中を押してくれました。

うつ病と診断され休職してからは、
体調が悪く寝ているしかない毎日が続きました。

ベッドに寝てもなかなか眠れず、
天井を見つめながら

上司に言われた

「あなたが打たれ弱いのが悪い」

という言葉を思い出し

「なんて自分はダメなんだろう」

そればかり考えて
自己嫌悪する毎日でした。

しばらくして少し体調が回復して

何度か他の企業に転職しても
うつ病が再発して長続きしませんでした。

そして今から2年前
ドクターストップがかかり
ふたたび療養生活に。

このときには私は
完全に自信を失っていました。

自分の性格も見た目もぜんぶ、
本当に大嫌いでした。

外で働けないし、
家族にも迷惑をかけている

「自分は本当に価値のない人間だ」
毎日自己嫌悪してました。

そんな私に
会社から「まだ復帰できないのか」と
急かす電話が追い打ちをかけてきます。

ここでまた退職→転職しても
同じようにうつ病が
再発してやめることになるかもしれない

うつになってからというもの
仕事が長続きしなかったから
転職がうまくいくわけない

考えれば考えるほど
将来の不安も大きくなって

死ぬか、復職するか、という2択しか
自分にはないという
極端な考えになっていました。

今の職場は小規模で
異動ものぞめない
復帰したところで何も変わらない。

それなら…

そうだ、何か在宅ワークはないかな?

ある日そう思い立って
調べ始めました。

二度と人間関係で悩みたくない
傷つきたくない
そんな気持ちがすごく強かったので
どんな種類の在宅ワークがあるのか
必死で調べました。

趣味を仕事にして
挫折するのが怖かった私は
はじめはWebライターに挑戦。

でも、うつ病になった私には
長い文章を書くことができませんでした…

Webライターで思うように稼げなかった私は

「自分の好きなことだったら
少しは違うんじゃないか?」

そう思って
小さいころから好きだった
イラストの仕事について情報を集めました。

イラストAC、PIXTA
クラウドワークス、ブログでの宣伝など

興味を持ったものに
手当たり次第に挑戦しました。

何か1つくらい安定して稼げるようになれば…。

並行して真面目にイラストの練習をしていれば、
絵も上達してお仕事をもらえたりして…

しかし、現実は
素人の私がなんの工夫もなしに
仕事が続くはずはなく…

最初はうまくいったかのように見えたココナラも
しばらくするとぱったり問い合わせがなくなってしまいました。

手あたり次第にいろいろな
在宅ワークに手を伸ばすも
異様に単価が安かったり
なかなか安定して稼げません。

さらには
「仕事をまわす」と約束してくれた人に
嘘をつかれて仕事は消え
裏切られて傷つくことも…

外で働くのが難しい

得意分野だと思っていたイラストでも
生きていく見通しがたたない

当時のわたしは、
完全に絶望していました。

それでもイラストをあきらめきれず…

将来の焦りと不安が大きくなって
イラストを描くことも
誰かのイラストを見ることも
つらくなっていました。

でもここで諦めたら
また転職→うつ再発の負のスパイラルに
戻るだけ。
それはもういやだ。
このループから抜け出したい!

そんな気持ちがとても強く
イラストの道をあきらめきれなくて
良い方法がないか
ネットで検索を繰り返しました。

外で働くのが難しく
在宅でなんとか収入を得たい、
好きなイラストで生きていきたい

そう思っていた当時の私は

SNSを通じて知り合った方に悩みを打ち明けたり
自分に何が足りないのか、本を読んで勉強しました。

うつ病で働けず
将来が不安

会社員に戻りたくなくて
なんとかイラストレーターとして
安定した収入を得たい

その一心でがむしゃらにイラストの仕事を受ける方法を学びました。

そして、気づいたのは凡人である私には画力以外の力も必要だということ。

待っているだけで仕事が来るのは
すでに実績や人脈がある
技術がとびぬけた人だけ

ココナラの利用者はすでに100万人超。
アイコンだけでも2万件以上。
その中で素人が見つけてもらうには
工夫と戦略が必要不可欠。

「イラストを描く」だけでなく
「集客・販売」というスキルが必要。

私はそれまで
集客やマーケティングに関しては
重要だと思ったことがなく、

そんなことを頑張るより
地道にイラストの練習をしたほうが
ずっと依頼につながるんじゃないの?

そう思っていました。

イラストの仕事をするためには
実力があれば良い

イラストのスキルを真面目に磨いてさえいれば
いつかは仕事を継続で
依頼されるようになるはず

画力もとびぬけていない私が
そんなふうに完全な受け身でいたので
なかなか依頼がこなかったのです。

自分のイラストを誰かが見つけて
気に入ってくれるのを待っているだけで、

お客さんに見つけてもらうための
努力を怠っていました。

今思えば、

どんなにYouTubeなどで講座を見て
絵の練習にあけくれても

絵を専門的に学んだ人や才能のある人が
すごいスピードで追い抜いていくし

スキルも実績も人脈もある
イラストレーターたちの中で
絵を見てもらうことすら難しいです。

だからこそ、

自分で集客して販売する力がなければ
お客さんから認知してもらえず
もちろん収入につながることもない。

最初は偶然だれかが買ってくれたとしても、それは偶然。

将来、継続してイラストで収入を得ていきたいなら
きちんとお客さんに対してアンテナをはり
販売にもマーケティング要素を意識していかなければいけない。

そのことに気づけたことで、変化が訪れました。

停滞していたココナラで成果が

自分のイラストの需要、お客さんのメリット…
さまざまな要素を考えながらココナラのサービス文章を整え

1カ月くらいでまた依頼がもらえたらいいな…。

そんなふうに思っていた私でしたが、
驚くことに1週間しないうちにお問い合わせが!

出品カテゴリ最安値の2000円
さらに手数料もひかれましたが

もうあきらめるしかないと思っていた時に
イラストでいただいたこの2000円が
本当に本当に嬉しかったです。

その後も1カ月で依頼が5件

人とのコミュニケーションにも
不安を抱えていた私でも

再びイラストの依頼を受けることが
できたんです。

その中でひしひしと感じたのは、楽に稼げるようには絶対ならないことです。

自分だけの絵柄があるように、自分のイラストに適した売り方を探す必要があります。

何度も修正して、試行錯誤を繰り返して、実際にやってみるという泥臭い努力がとても大事だということです。

それはイラストの上達にも言えることだなと感じています。

私は現在でも、よりお客さんに喜んでもらえるサービスにできるように何度も修正→実践を繰り返しています。

ココナラで再び活動をして4カ月目には
ゴールドランクをスキップしプラチナランクに到達。

さらにTwitterからも直接依頼がいただけるように。

自力で収入を得る目途がたったおかげで向いていない会社員生活から離れる決心もつき、目標だった在宅フリーイラストレーターになることができました。

Twitterからのご依頼に集中するため、一時期ココナラを中断していた時期もありましたが

そのときも再開待ちに登録してくださった方が最大で18人。

「またぜひお願いしたいです!」

「今後ともよろしくお願いします!」

そんな風に言ってくださるリピーターさんとも出会うことができました。

売上に応じて料金を値上げしても変わらず私にイラストを依頼してくださったり、新規に問い合わせをくださる方もいます。

気づけば会社員だったころと同じくらいの収入をイラストで得ることができるようになりました。

「外で働けない、自分は役に立たない人間だ…」

そう思っていた私が大好きなイラストで誰かに喜んでもらえて、その活動で生活できるなんて、本当にありがたく嬉しいことだなと実感しています。

会社に戻らなければ…

そう思っていた時は一向に改善しなかったうつ病も、今は薬が8錠→4錠に減りました。
また元のように元気になれるのではという希望ももつことができています。

そして

「過去の私と同じく生きづらさを抱えている人に楽しく生きていけるきっかけを作りたい」

そんな新しい夢ができました。

私と同じように

外で働くのが難しかったり
人間関係が苦手でなんとか在宅で働きたい
できれば好きなこと=イラストに関する仕事でフリーランスになりたい

もしそんな方がこの記事を読んで

次は自分が夢をかなえてみよう

そう思うきっかけになったらすごく嬉しいです。

お話してきた通り、
私はメンタルの弱さに悩んで
仕事も長く続けられない人間でした。

専門を出てもいないし
個人で働くための知識も
まったくゼロでした。

そんな私でも、
今は楽しくイラストレーターとして
活動ができています。

特別なスキルは何も持っていません。

ただイラストが大好きで
どうしても好きなことを仕事にしたい

生きづらいと苦しんできた人生を
楽しいと思ってみたい

そんな強い気持ちがあっただけです。

もしこの記事を読んで

「夢をあきらめなくていいんだ」

「自分も好きなことを仕事にするため頑張ってみたい」

そう思ってくれる人がいたらすごく嬉しいです。

最後までお読みいただき
ありがとうございました!